三菱ケミカル株式会社自動車関連ソリューション

Language

MENU
  • IML成形による大型カバーレンズ

  • ガラスアウトサート成形による
    ハイブリッドカバーレンズ

環境貢献/KAITEKI貢献

  • 軽量化
  • 電動化
  • リサイクル
  • バイオ
  • 環境負荷低減
  • KAITEKI CABIN
360°view

特徴

  • ◆フィルムインサート成形による大型カバーレンズ ・AR/AG/HC/AF機能のある大型成形品 ・3D形状の成形が可能 ・圧縮成形による低リタデーションの達成
  • ◆ガラスアウトサート成形によるハイブリッドカバーレンズ ・ガラスをアウトサート成形することで樹脂に結合 ・表面はガラスの質感を維持したまま、裏面に形状(ボス、リブ等)の付与が可能  ・次工程の組立時の固定が容易で確実にできる
  • 360°view
  • IML成形 大型カバーレンズ

    IML成形方式による大型(2画面、3画面を想定)の透明成形品で、ラミネートするフィルム の特性により、表面にAR/AG/HC/AF等の機能を持たせることが可能。
    従来のCID用カバーレンズ同様、圧縮成形により低リタデーションを確保しつつ、ガラスで は形成が不可能な曲面形状や表面、裏面を問わず3次元形状(凹凸、ボス/リブ等)を付加 することもでき、結果的に軽量化を図ると同時に次工程での組付けを容易にできる。

  • 360°view
  • ガラスアウトサート成形品

    ガラスをアウトサート成形することにより、ガラスと樹脂を結合し、表面はガラスの質感を 維持したまま、裏面の樹脂はボスやリブ形状を形成することができる成形品。
    次工程の組付け時の固定その他機能の追加を容易にできる。
    樹脂部分のサイズは比較的小さいため、ゲート設定により大型の設備を要することなく、 形状の追加を可能にする。

カーボンニュートラルに向けた提案

  • 部品重量の軽量化と部品点数削減による車両本体重量の軽量化

KAITEKI CABINの提案

  • ディスプレイのデザインの自由度の向上

※社員が不在で応対できない場合もありますので、ご了承ください。

※PCブラウザはgoogle Chrome推奨