PICK UP CONTENTS
8 Posts
EFFORTS

三菱ケミカルの
環境課題への取り組み

三菱ケミカルは、従来の「採って、作って、使って、廃棄する」という一方通行のリニアエコノミーから、リサイクルを含む資源の有効活用や再生可能原料の使用などをはじめとするサーキュラーエコノミー(循環型経済)への移行を推進することにより、社会からの要請に応えつつ持続的な成長をめざしていきます。
自動車材料におけるサーキュラーエコノミー技術
RELATED TECHNOLOGY

三菱ケミカルの次世代
自動車
関連技術

私たち三菱ケミカルグループでは、モビリティ産業を重点市場の1つとして位置づけ、様々な素材の提案を行っています。
私たちは、2030年のコンセプトEVを基本に、三菱ケミカルグループとして、CASEや軽量化、サステナビリティなどを次世代自動車関連技術として提案しています。

6つのキーカテゴリー

「つながるクルマ」「自動運転&安全」「快適室内空間」「電動化」「軽量化」「サステナビリティ」の6つのキーカテゴリーに対し、三菱ケミカルは幅広いソリューションで、皆様のニーズに応えます。