三菱ケミカル株式会社自動車関連ソリューション

Language

MENU

炭素繊維プレス成型材料 -
短繊維 FMC(炭素繊維SMC)

環境貢献/KAITEKI貢献

  • 軽量化
  • 電動化
  • リサイクル
  • バイオ
  • 環境負荷低減
  • KAITEKI CABIN

特徴

  • 速硬化プレス成型(2分@140℃ 厚み2㎜)
    良好な流動性(大型複雑成型可能)
  • 優れた機械物性(標準品:炭素繊維含有率 53wt%)
    引張強度 171MPa 引張弾性率 29GPa
  • 従来のCFRP製造プロセスと比べ大幅な廃棄材料削減
  • FMC(炭素繊維SMC) Toyota GR Yaris カーボンルーフ

    Toyota GR YarisのカーボンルーフにFMC(CF-SMC)が採用されました。
    FMC(CF-SMC)は、長さ数センチメートルにカットした炭素繊維を樹脂中に分散させたシート状の材料です。プレス成形により 2~5分程度の短時間で部材に加工でき、連続した炭素繊維に樹脂を含浸させた中間基材である「プリプレグ」に比べ、複雑な形状の部材を成形することができるという特長を持ちます。また、機械特性が均質に近いため、従来の部材設計ノウハウを活かしながら比較的容易に炭素繊維を利用して、軽量化と高強度化を実現可能です。
    GR Yarisでの採用は、当社の FMC を使用することにより大幅な軽量化と高い部材性能を実現できる点を評価いただきました。

  • 360°view
  • 360°view

カーボンニュートラルに向けた提案

  • 短サイクルで量産可能なCFRP材料として、自動車への適用を目指すことにより金属パーツに対して、30〜40%の軽量化に貢献します。

KAITEKI CABINの提案

  • グループ会社との連携により、材料の販売だけでなく製品の設計、量産プロセスの支援までトータルソリューションを提供可能です。

※社員が不在で応対できない場合もありますので、ご了承ください。

※PCブラウザはgoogle Chrome推奨