三菱ケミカル株式会社自動車関連ソリューション

Language

MENU

無人生産可能な
ヘッドアップディスプレイ用
非球面ミラー

環境貢献/KAITEKI貢献

  • 軽量化
  • 電動化
  • リサイクル
  • バイオ
  • 環境負荷低減
  • KAITEKI CABIN

特徴

  • 移載ロボットを活用した無人生産
  • 成形使用材料:PC、COP、COC
  • アンダーコート無しで、ダイレクトに成膜可能
  • 表面粗さ:Ra3nm以下  PV値:40μm以下
     反射率:88%(単層)/93%以上(増反射層)
    【領域:420~680nm】
  • ヘッドアップディスプレイ用非球面ミラー

    成形品(材質:PC、COP、COC等)にダイレクトでスパッタリング加工を施すことで、高い 表面精度と形状精度を確保し、更には高い反射率と車載環境に耐えうる信頼性を満足した ヘッドアップディスプレイ用の非球面ミラー。
    成形からスパッタリングまで全自動での生産システムを確立し、従来不可能とされてきた PC材へのダイレクトアルミ膜の信頼性を確保できたことにより、工程削減と同時に材料 費の削減を可能とした。

カーボンニュートラルに向けた提案

  • ガラスから樹脂への変更による軽量化と製造工程削減によるエネルギー消費の削減

KAITEKI CABINの提案

  • HUDによる走行安全性の向上と内装デザインの自由度の向上

※社員が不在で応対できない場合もありますので、ご了承ください。

※PCブラウザはgoogle Chrome推奨