三菱ケミカル株式会社自動車関連ソリューション

Language

MENU

炭素繊維プレス成型材料 -
連続繊維 PCM

環境貢献/KAITEKI貢献

  • 軽量化
  • 電動化
  • リサイクル
  • バイオ
  • 環境負荷低減
  • KAITEKI CABIN
360°view

特徴

  • 速硬化プレス成型(5分@140℃):月産 3000台(例:外板)に
    対応可能
  • - 製品ラインナップ(エポキシ樹脂)
    1. 高耐熱タイプ(Tg 170℃)対象:外板塗装品(Class-A・高外観)
    2. タフタイプ   (Tg 130℃)対象:構造材部品
  • 360°view
  • PCM(炭素繊維プレス成形材料)日産GT-R NISMO カーボンルーフ

    三菱ケミカルのグループ会社である株式会社チャレンヂが生産するカーボンルーフです。
    革新的な技術と性能により、日産自動車(株)の「2020 Nissan Global Supplier Award ‒Innovation Award」を受賞致しました。
    更なる軽量化を目的に、カーボンと低比重材料によるサンドイッチ構造をPCM工法で実現したことにより、従来よりも約4kgの軽量化と高い外観品質の両立が可能となりました。
    PCM工法は、プレス成形可能なプロセスで成形サイクルタイムを約10分に短縮したことにより、自動車向け部材の量産を可能としました。また、PCM工法は、高温・高圧のプレスにより部材表面の平滑性が高いため、美しい塗装が可能で、クラスA外板部材として利用可能です。

カーボンニュートラルに向けた提案

  • 炭素繊維長繊維の高い物性と、ClassA外観を実現する材料として内外装への採用を目指しさらなる車の軽量化に貢献します。

KAITEKI CABINの提案

  • 外板・構造材への適用に加え、マルチマテリアルコンセプト(金属やSMCとのハイブリッド成型)に基づいた用途開発を進めます。

※社員が不在で応対できない場合もありますので、ご了承ください。

※PCブラウザはgoogle Chrome推奨